一歩進んで何もせず、二歩進んで周りを見渡し、三歩進んでずっこける
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すんません忙しくて中々更新できませんでした
ちぇんです、眠いんで明日ちゃんと書きます(ぁ


追試終わりました・・・
多分・・・大丈夫・・・なはず・・・



ラテールやってます(いきなり
ラテール
現在サファイア鯖でチャイニーズと名乗りやってます
やってる方は声かけてくれると嬉しいです
ちょっと紹介とかは明日にでも

とかいうと確実にやらないんですよね(







絶対!絶対やるんだからね!!!

うん・・・きっと・・・
スポンサーサイト
どうも、ちぇんです
最近テストが近くなっててんやわんや状態です


さてさて、今回は知ってる方も結構いるかと思われますが、

ポケットモンスターの最新作が発表されました!

気になるタイトル名は・・・?



ポケットモンスター ハートゴールド

ポケットモンスター ソウルシルバー

はい、名前の通り金銀リメイクです

金銀といえば私が最初にポケモンを遊んだゲームでもあり、
ポケモンの基礎を作った(タマゴ、昼夜機能、特攻、特防etc...)
ポケモンシリーズ最高傑作とまで謳われる(偏見ですが)ものです。

そんな皆さんが待ち望んでいた金銀リメイクですが、まぁ情報も揃ってないし
軽い紹介と、ちょっとした予想を書いていきたいと思います。


冒険の舞台はシロガネ山を挟んだ西側、ジョウト地方
最初の3匹は同じですね、当たり前か
あと主人公に女性がいるんですが・・・クリスじゃねえww
まぁいいんですけど(ぁ

その女性、見たとき何かに似てるなーって思ったんです。
で、色々掲示板めぐって納得しました
あれどう見てもマリオキティです
まぁポケモンっぽくていいかな・・・?

まぁ情報としてはここまで、次予想

①新MAP
赤緑のリメイク、ファイアレッド・リーフグリーンではナナシマ見たいな新MAPが出ましたが、
ハートゴールド(以下HG)とソウルシルバー(以下SS)ではあるのか?
という疑問

これ自分の予想ですが微妙な線です
ジョウト地方は現実でいう中部、近畿地方+徳島県あたりがモデルにされています。
つまり、MAPを広げる際には、中部、近畿より上で使われてないところを使うか、
四国を使うかしか選択がないのです。

前者はまず無理でしょう。
これをするにはカントー地方も同じようにしないといけませんし膨大すぎますね。
後者はアリなんじゃないかと個人的にも思います。というか出るなら100%ここです。
ですが、次の新作で出るとする中国地方か東北地方。
これの内中国地方と一緒に四国は全部出そうな気がしなくもないです。

まぁ新MAP、期待してますよ(ぁ

②金銀で無かったモノは?

サファリパークやナナシの洞窟が挙げられますね。
サファリパークは復活します、というか復活してください(ぁ
DSならできるはず・・・
まぁ金銀はやりこみ要素満載だったので多分、増えているとは思います

③ストーリー

まぁジョウト地方は同じか多少変更されてるぐらいでしょう
カントー地方で新しいストーリーが始まるんじゃないかと予想
まぁ予想です予想。

とりあえずこんなもんです。
まだ色々と予想はあるんですが・・・
ただでさえ見にくい文章にこれ以上つけたして何になるということで
ここら辺でおしまいにしときます。


まぁ買うかどうかは別として(多分弟が買う)
楽しみに待っときます!


それではSee you next time!!
前回のアレは流行らないですね!
どうも、ちぇんです

さっき東方妖々夢のEasyをクリアしてきました
まぁEasyはNormalに比べて大分楽ですね、ほんと

今回は東方についてgdgd話しますね

東方は一部の人のみがしる同人ゲームでした。
東方がどう出来たかとかはググって調べてね!
そんな知名度の低かった東方ですが・・・
某動画サイトと某フラッシュにより、東方の知名度は爆発的に広まったといっても
過言ではないでしょう。
かくいう私もそんな内の1人です

まぁ某フラッシュのおかげで東方というものは、
どういう物なのか分からずして広まってしまった訳です。



じゃぁ東方って何なの?



これは有名な話ですが、
元々東方projectのゲームは、ゲーム音楽を作りたい。
だけどそれでは使ってもらえないかもしれない。


「そうだ、自分で作ってしまおう」


というZUN氏の想いによって完成されました
(ここら辺はよく分かりませんが・・・もう少し詳しい事は調べれば出るでしょう)


つまり、STGというよりは音楽を前に出した作品である、といえます

ですが、そこでは終わりません
つまり、音楽を魅せたいが為に、キャラクター1人1人は生き生きと動き、
弾幕によって、更に音楽に疾走感が加わります。

要は、音楽ソフトでもSTGでもなく
"東方"という一つの作品

一つ一つが全て合わさり、初めて東方という一つの作品になる、といえるでしょう

何が言いたいかって

東方はSTGとしてだけの評価をしてはいけない
音楽としてだけの評価をしてはいけない
キャラクター、世界観、ストーリーだけの評価をしてもいけない

これらが全て合わさり、交じり合い

一個体として出来上がった"東方"という作品を見てもらいたい

こういう気持ちがある、ということを忘れないで欲しいです

実際それを念頭に置いてやると、驚くほど輝いて見えます
是非、STGが苦手でもゲームという枠組みを超えたこの作品を
皆さんにプレイしてもらいたいな、と思います。



長々と語りましたが終わります
何か支離滅裂してますが、とにかく東方という一個体の作品に
少しでも興味を持ってくれれば幸いです
私達がそれを分かっている限り、幻想郷は存在しえるのです

多分。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。